中山麻聖の両親は?父三田村邦彦と母中山麻理や兄弟、従姉妹も調査!

スポンサーリンク
中山麻聖さん 出展:ザテレビジョン
中山麻聖さん 出展:ザテレビジョン

俳優の中山麻聖さんが、水谷豊さん監督の映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』の舞台挨拶に出席しました。中山麻聖さんは三田村邦彦さんと中山麻理さんの息子ですが、まだそれほど世間には浸透していないようです。ご両親や兄弟、従姉妹などご家族を中心に調査してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中山麻聖 水谷豊監督『轢き逃げ 最高の最悪な日』に主演!

5月12日、大阪市内の大阪・梅田ブルク7で、俳優の中山麻聖さんが、主演を務める映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』の舞台挨拶に、ダブル主演の石田法嗣さんと共に壇上にあがり、ファンを喜ばせました。

この映画は、俳優の水谷豊さんが『TAP -THE LAST SHOW-』に続き、再びメガホンを取り監督した作品としても話題になっています。
脚本も水谷豊さんのオリジナルで、登場人物の心の動きを描いていきます。

ストーリーは、ある都市で轢き逃げ事件が発生、一人の女性が死亡してしまう。加害者とその親友、被害者の両親、そしてその事件を担当する刑事たち、それぞれの人生が複雑に絡み合っていく人間ドラマ。

水谷豊さんは監督、脚本だけでなくひき逃げされた女性の父親役を演じています。

撮影は昨年の4月から神戸でクランクイン、3週間ほどロケを敢行し、その後関東近郊に移り撮影、7月末にクランクアップし、5月10日よりロードショー公開されています。

中山麻聖「父親は三田村邦彦」に観客が驚きの声

中山麻聖さんは、俳優の三田村邦彦さんと、元女優の中山麻理さんの三男です。
『轢き逃げ 最高の最悪な日』の舞台挨拶では、

「父親の旅番組によく出させて頂いているので、大阪には越させて頂いてて…」

と大阪にまつわるエピソードを披露していたのですが、観客の反応をみて察したようで、咄嗟に

「あ、僕、父親が三田村邦彦なんですけど…」

と付け加えて照れ笑い。
集まった観客からは驚きの声や納得するような、様々な反応が返ってきていました。

中山麻聖さんは、三田村邦彦さんが出演するテレビ大阪の『おとな旅あるき旅』に出演したりしているのですが、世間ではまだ、三田村邦彦さんと中山麻理さんの息子という認識は薄いようですね。

中山麻聖プロフィール テレビドラマや舞台で活躍!父親との共演も

中山麻聖さんは1988年12月25日生まれでB型、堀越高等学校を卒業されています。
182cmの長身で三田村邦彦さんと同様、甘いマスクで人気の若手俳優です。

母親の中山麻理さんから剣道が出来る中学生を探していたプロデューサーを紹介され、オーディションを受けたのが俳優になるきっかけでした。

そのオーディションで見事合格し、映画『機関車先生』で俳優デビュー、2007年には男性俳優ユニット『PureBOYS』のメンバーに。

その後、舞台『ミュージカル テニスの王子様』や『ごくせん THE MOVIE』などの人気作品にも多数出演するなど、徐々に注目を集めていきます。

当時の芸名は”中山麻生”でしたが、この頃から本名の”麻聖”に改め現在に至ります。

2011年には『江〜姫たちの戦国〜』で三田村邦彦さんと親子役で共演することになります。
それ以前にも旅番組において共演は果たしていましたが、俳優同士としての共演はこれが初となりました。

以降、2012年公開の主演映画『アノソラノアオ』でも共演しています。

2012年にはそれまで所属していた事務所『ブルーミングエージェンシー』から現在所属中の『J J プロモーション』に移籍していたことを発表。

その後も特撮テレビドラマ『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』に出演、初の連続ドラマ主演の座を射止め、現在も多くのドラマや舞台に出演されています。

今回主演を務める『轢き逃げ 最高の最悪な日』の舞台挨拶では、「今後の目標とする俳優は?」との質問に対し、

水谷豊さんみたいになりたい。

アグレッシブさ、作品作りの情熱を間近で感じることが出来た。向かっていく姿勢に心打たれました。

と、監督であり共演者でもある水谷豊さんに惚れ込んだ様子を語っていました。

中山麻聖の両親 三田村邦彦と中山麻理について

中山麻聖さんのご両親である三田村邦彦さんと中山麻理さんは1999年に離婚、中山麻聖さんは中山麻理さんに引き取られ、以後一緒に生活されてきました。

母親 中山麻理について

母親の中山麻理さんは1948年2月1日生まれで、1967年にデビューしました。
1969年のテレビドラマ『サインはV』に出演し一躍人気者になり、その後も多数の映画やテレビドラマに出演しました。

1980年、映画で共演した三田村邦彦さんと結婚し、芸能界を引退しました。
1988年に三男の中山麻聖さんが生まれましたが、三田村邦彦さんの不倫が発覚、裁判の末、1999年に離婚。

その後間もなく芸能界へ復帰、現在もミュージカルなど舞台で精力的に活動されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

父親 三田村邦彦について

父親の三田村邦彦さんは、1953年10月22日生まれで、映画『限りなく透明に近いブルー』でデビューしました。

このときに共演したのが、中山麻理さんで、これがきっかけでお二人は結婚します。

三田村邦彦さんといえばやはり『必殺シリーズ』のかんざし職人の秀役が有名ですよね。

秀は最終回で壮絶な死を遂げる予定でしたが、ファンから多くの声が寄せられ、出演が延長されるほどの人気でした。

他にも『太陽にほえろ!』でジプシー刑事などでも人気を博しています。

2010年に26歳年下の一般女性と再婚し、2015年には長女が誕生しています。

中山麻聖の兄も俳優!三田村瞬の現在は?従姉妹も有名人!?

中山麻聖さんは三男で、実は兄であるご長男の三田村瞬さんも俳優として活躍されていました。

三田村瞬さんは、1981年1月19日生まれ。高校卒業後はパン職人を目指していましたが、一転俳優を志し、2003年から『アップス・アカデミー』で2年間演技の勉強をします。

2005年テレビドラマで俳優デビュー。その後も暫くドラマに出演していましたが、2006年後半にブログの更新が途絶え、更には翌年に所属事務所のホームページからもプロフィールが削除されています。

2008年頃に三田村邦彦さんが「長男はパン職人見習い」とインタビューの中で答えていて、現在どのような活動をされているのかは判りませんでした。

元々パン職人を目指していたので、改めて夢に向かって努力されているのかも知れません。

中山エミリ・英玲奈姉妹も中山麻聖の従姉妹だった!

芸能一家に生まれた中山麻聖さんですが、中山エミリさんと、妹の英玲奈さんも従姉妹関係にあります。

中山エミリさんの父親は、歌手のマイケル・中山さんという方で、中山麻理さんのお兄さんです。

お二人は日本人離れしたハーフのような顔立ちをされていますが、曾祖父がイギリス系の方で、祖父はハーフ。
ご本人たちこそハーフではありませんが、なるほど、そちらの血を引くお顔立ちなのも納得ですよね。

現在、中山エミリさんは、2010年にご結婚され3人のお子さんと幸せに暮らしているようです。

英玲奈さんも2017年にご結婚され、中山エミリさんのお子さんが結婚証明書とリングを運んでくれたそうです。

お二人とも、現在とっても幸せに過ごされているようです。

まとめ

中山麻聖さんは、芸能人に囲まれて成長してきたんですね。

俳優になることもある意味当然だったのかも知れません。

残念ながらご両親は離婚されてしまいましたが、良好な関係を今も続けているようで何よりです。

これからの中山麻聖さんの、益々の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする