伊藤蘭がソロデビュー!娘の趣里もドラマやCMで活躍。出身学校は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
伊藤蘭さんと趣里さん 出展:週間女性PRIME
伊藤蘭さんと趣里さん 出展:週間女性PRIME

1970年台に一世風靡したアイドルグループ『キャンディーズ』のメンバー、伊藤蘭さんが、41年ぶりにアルバムをリリースするそうです。旦那様は俳優の水谷豊さん、娘さんの趣里さんもまた女優として高く評価されています。そんな芸能一家の近況について調べてみました。

スポンサーリンク

伊藤蘭 キャンディーズ以来、41年ぶりのアルバムリリース!

伊藤蘭さんは、1970年代当時、絶大な人気を誇ったアイドルグループ『キャンディーズ』のメンバーでメインボーカルを努めていました。

1978年に解散引退後、1980年に芸能界へ復帰しますが、主に女優やナレーターとして活躍されており、主だった歌手活動はありませんでした。

しかしこの度、オリジナルアルバム『My Bouquet』を5月29日にリリースすることとなりました。

実に41年ぶりの歌声披露となります。

音楽活動再開の裏には、愛妻家で有名な夫、水谷豊さんの後押しが大きかったようです。

今回のアルバム『My Bouquet』を裏側で支えるスタッフ陣がまた超豪華!

作家には、井上陽水さんや阿木燿子さんと宇崎竜童さん夫妻、トータス松本さんや森雪之丞さんなど有名アーティストに加え、今の歌謡界を支えるホープ作家、丸山マナブさんや若田部誠さんも名を連ねています。伊藤蘭さんご自身も作詞を3曲手掛けています。

井上陽水さんも「蘭ちゃんのためなら」と二つ返事で快諾したと言われています。

気になるアルバムの内容ですが、キャンディーズ時代を思い起こさせるような、ちょっと懐かしい感じの70年代歌謡曲風から、最新J-POP風まで、そしてボサノヴァやスウィング・ジャズ、バラードやロック調など非常にバラエティに富んだ楽曲が全11曲含まれ構成されています。

伊藤 蘭 「My Bouquet」ダイジェスト

このアルバム発売後の6月に東京と大阪で『伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』が開催されることも同時に決定しています。

詳しくは特設サイトがありますのでご興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

伊藤 蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019
あれから41年… 奇跡のソロ・デビュー・コンサート開催決定!

伊藤蘭 伝説のアイドルグループ キャンディーズの全盛期

伊藤蘭さんが以前所属していたキャンディーズについて触れておきましょう。

キャンディーズは1970年代に活躍したアイドルグループで、伊藤蘭さん、藤村美樹さん、田中好子さんの3人グループで、「食べてしまいたいほど可愛い女の子たち」から”キャンディーズ”と名付けられました。

1973年に『あなたに夢中』で歌手デビューしましたが、デビュー後しばらくはヒット曲に恵まれませんでした。

当初メインボーカルは田中好子さんでしたが、”お姉さん”的キャラクターとして人気のあった伊藤蘭さんをメインボーカルにして発表した『年下の男の子』が大ヒット!

それ以降、キャンディーズは『春一番』『やさしい悪魔』『暑中お見舞い申し上げます』など、次々とヒット曲を連発します。

同時に『8時だョ!全員集合』や、『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』などのバラエティ番組にも積極的に出演、幅広い層から親しまれる人気者でした。

当時、やはり爆発的な人気を誇ったピンク・レディーとは常に比較され、ライバル同士とみなされることが多かったようですが、実際は同時代を駆け抜けた戦友のような意識が有り、仲が良かったそうです。

伊藤蘭 数々の名言を残しつつキャンディーズが突然の解散!

人気絶頂だった1977年7月17日、日比谷野外音楽堂にて行われたキャンディーズのコンサート終盤で「私たち、今度の9月で解散します」と突然解散を発表します。

その際、伊藤蘭さんの「普通の女の子の戻りたい」発言や「本当に私たちは、幸せでした!!」は、多くの人の印象に残り、当時は流行語として頻繁に使われ、今だに有名フレーズとなっています。

この解散発表は事務所の了承を得ていないものだったようで、結果、宣言の9月よりも更に半年先送りしての解散となりました。

キャンディーズはその後、一度も再結成されることなく現在に至ります。

伊藤蘭 田中好子 藤村美樹 キャンディーズ解散後の3人

解散後の3人についてですが、メンバーの田中好子さんは、解散後の1980年に復帰、女優として活躍されていましたが、残念なことに2011年4月21日、乳がんでこの世を去ってしまいました。

藤村美樹さんは、1983年に一時的に復帰したものの、ご結婚されて以降、田中好子さんの葬儀参列まで、28年間公の場に姿を見せることはありませんでした。

そして、伊藤蘭さんは1980年に芸能界へ復帰後、主に女優として活躍。

1989年にドラマで共演した水谷豊さんと結婚、以後も女優やナレーターなどで活躍中です。

また、水谷豊さんとの間に誕生した娘、趣里さんも現在、映画やドラマ、CMで活躍されています。

伊藤蘭 水谷豊と結婚!出会いや馴れ初めは?

伊藤蘭さんは俳優の水谷豊さんと6年半の交際期間を経て1989年に結婚しました。

1982年に放送された日本テレビのドラマ『あんちゃん』で共演したのがきっかけでした。

その後も『事件記者チャボ!』でも共演しています。

水谷豊さんは元々キャンディーズの大ファンだったそうで、当時ドラマの仕事以外は滅多に受けなかったそうですが、ある時、雑誌の表紙の依頼があったときに、キャンディーズと一緒なら、と言うことで引き受けたことがあったそうです。

ただ、その表紙撮影の際も、奥手で有名だった水谷豊さんは、全く話しかけることが出来なかったそうです。しかし撮影が無事終わり、去り際のキャンディーズにやっと勇気を出して話しかけ、最後に握手してもらったというエピソードがあります。

これが二人の初めての出会いだったそうで、水谷豊さんはこの時の事をいまだに鮮明に覚えているそうですよ。

晴れてハワイで挙式を挙げたお二人ですが、今だに仲睦まじく、水谷豊さんの愛妻家ぶりは結構有名ですね。

その後、結婚の翌年1990年に、お二人の間に娘の趣里さんが誕生しています。

伊藤蘭の娘、趣里も女優として活躍中!出身校はどこ?

趣里さんは本名水谷趣里、1990年9月21日生まれでO型で、身長は158cmです。

趣里さんは4歳の頃からクラシックバレエを習っていて、将来はバレリーナを目指していたようです。

中学校は、中高一貫学校である桐朋女子中学校に在学していたようですが、高校へは進学せずイギリスにバレエ留学しました。

しかし、留学後の度重なる怪我に悩み、バレリーナになる夢を諦め、その後日本に戻ってから高等学校卒業程度認定試験を受け大学に進学されました。

何処の大学に入学したか定かではありませんが、明治大学ではないか?と推測されています。

大学では演劇の勉強をしていたようで、在学中に見事女優としてデビューしましたが、それを機に大学を中退したようです。

おそらく学業と女優業を両立させるより、女優として本格的に活動する為の決断だったようですね。

趣里 金八先生で女優デビュー。その後も映画やCMで活躍中!

趣里さんが現在所属している芸能事務所は『トップコート』。

2011年『3年B組金八先生ファイナル~「最後の贈る言葉」4時間SP』のオーディションに合格し、女優としてデビューします。

しかしその後は目立った活躍がありませんでしたが、趣里さんが再び注目を浴びたのは女優としてではなく、俳優との交際発覚でした。

舞台で共演した俳優の田島優成さんと同棲していることが報じられ、その報道で初めて同棲の事実を知った水谷豊さんを激怒させたようです。

その報道から約一ヶ月後、田島優成さんは出演中の舞台を寝坊でドタキャンしてしまい、余儀なく所属事務所から退社することになり、同棲生活も終わりを告げました。

その後の趣里さんは、地道に女優としてのキャリアを積んでいきます。

2016年にはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演、2017年に放映されたドラマ『リバース』では狂気的な役柄を見事に演じ注目を集めました。

現在でもCMに出演するなど益々活躍の場を広げています。

くらしのリズムを整えよう・メリーメイド篇 30秒

伊藤蘭 夫水谷豊と娘趣里の関係ギクシャクに困惑?!

趣里さんは、二世タレントとして見られることを毛嫌いしていて、それを打ち消す様、現場でも常に謙虚な姿勢を崩さないそうでスタッフからも評価が高いようです。

以前から娘の芸能活動に反対だった水谷豊さん。

2018年公開の映画『生きてるだけで、愛。』で、趣里さんは水谷豊さんの反対を押し切って、映画内でヌードを披露してしまいます。

幸い、この体当たり演技で趣里さんは高い評価を得、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

趣里さんは『女性自身』のインタビューで

初めて台本を読ませていただいたとき、“出会った!”と感じたんです。寧子の心の葛藤が理解できたし、どこか自分の人生と重なる気がしました。(ヌードへの抵抗は)それがあまり感じなくて(笑)。寧子はそういう表現ができちゃうコなんだなあと思ったら、すんなり受け入れられました

引用:女性自身インタビュー

と打ち明けています。

しかし、水谷豊さんは更に態度を硬化させてしまったといいます。

現在は、趣里さんの前では両親の話題がNGとされるほどになってしまっているようですが、実際のところ、水谷豊さんは心の底から娘のことを心配し、趣里さんも両親には感謝しているようで、両者の想いがうまく噛み合っていないようです。

妻であり母親である伊藤蘭さんは、父親として娘を心配する気持ちもわかるし、娘の仕事に対する気持ちもわかる。

そんな気持ちで二人を見ているようですが、なんとか娘の自立を応援するよう水谷豊さんへ働きかけているそうです。

まとめ

伊藤蘭さんの久しぶりの歌声に注目が集まり、娘も女優として自立、水谷豊さんも今や大御所の域に達した感があり、親子ともに仕事は順調そうですが、お互いを大事に思うからこその対立もあるようです。

暫くは父娘共演の可能性はなさそうですが、いつかお互いを理解しあい、わだかまりがとけた暁にはドラマで共演!何てことになって欲しいものですね。

これからもこの芸能家族からは目が離せそうにありませんね。