親子丼が有名なお店!東京オフィス街で絶品親子丼が味わえるお店をご紹介

親子丼が評判で有名なお店が東京にはたくさんあります。特にオフィス街と呼ばれる場所に多い印象。中にはランチタイムにはすぐ売り切れてしまい中々有り付けないお店も!舌の肥えたサラリーマンをも存分に満足させてくれる親子丼が食べられるお店をご紹介致します。

スポンサーリンク

親子丼はランチタイムの人気メニュー!

親子丼はカツ丼や天丼と並び、定番の丼メニューとして親しまれています。

高カロリーな揚げ物の丼と比べても比較的ヘルシーなので女性からも人気があり、人気のランチメニューとして不動の地位を確立しています。

一見、シンプルな親子丼。
しかしいざ家で作るとなると、トロトロで丁度よい半熟卵に、しっかり火が通りつつも柔らかい鶏肉の食感など、中々お店のような味を再現するのは難しい事が良く分かるお料理の一つでもあります。

シンプルだからこそ奥が深く、料理人の探究心をくすぐるメニューなのかも知れません。

各お店がこだわり抜いて作り上げた自慢の親子丼、そんな絶品丼でサラリーマンのお腹を満たしてくれるお店を、ビジネス街を中心にピックアップしてみました。

どのお店も売り切れ必至!機会があれば是非お店に足を運んでみて下さい。

末げん【新橋】

テレビのインタビュー場所として頻繁に見かけるサラリーマンの街、新橋。

そんなランチ激戦区にもかかわらず、明治42年創業の老舗の名店「末げん」。

こちらのお店はあの三島由紀夫氏をはじめ、多くの著名人に愛されたお店としても有名です。

末げんの親子丼は「かま定食」という名前で、特長としては鶏肉のミンチ使っていることで、たっぷりの卵と三つ葉で閉じられ、見た目はあんかけのよう。

鶏肉の旨味とツヤツヤな卵の濃厚な親子丼は、スルスルッと喉の奥に吸い込まれていきます。とても濃厚さを感じますが、たっぷりと入った三つ葉でさっぱりと味わうことが出来る逸品です!

末げん
住所 東京都港区新橋2-15-7 S-PLAZA弥生 1F
最寄駅 新橋駅
営業時間 11:30~13:30(L.O.13:20)
17:00~22:00(L.O.21:15)
料金目安 約¥1,000〜2,000-
定休日 日・祝(土は不定休あり)
ポイント あああああ
備  考 カード利用可/電子マネー不可

きすけ 赤坂本店【溜池山王】

「きすけ 赤坂本店」は溜池山王駅のすぐ近くにある親子丼専門店です。

場所柄、お昼時はこちらも多くのビジネスマンが訪れる常に賑わうお店。

メニューは迷うこと無く親子丼のみ!という潔さ。

素材にこだわったお店で、鶏肉は比内地鶏、卵は久慈産の卵のみ、お米もあきたこまちを使用。

鶏肉はしっかりとした歯ごたえを感じ、お米の甘みと卵のトロッとした食感が口の中で溶け合って絶妙なハーモニーを醸し出します。

一緒に出してくれる汁物も美味しいと評判で、お腹も満足する絶品のセットとなっています。

きすけ 赤坂本店
住所 東京都港区赤坂2-10-16 赤坂スクエアービル 1F
最寄駅 溜池山王駅
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)材料が無くなり次第終了
料金目安 昼:約¥1,000- /夜:約¥2,000〜3,000-
定休日 土・日・祝
ポイント あああああ
備  考 現金のみ
現在ランチの予約はお断り中

泰然(TAIZEN)【新宿御苑前】

新宿御苑前は隠れた名店の多い地域。

その一角に店を構え、夜は仕事を終えたサラリーマンが美味しい焼き鳥を求めて賑わう「泰然(TAIZEN)」。

ランチの親子丼は数量が限られているので、12時を過ぎた時点で終了してしまう事もしばしば。

その売り切れ必死の大人気の親子丼は、ふんだんに卵を使った、まるで卵かけご飯のような少し緩めの親子丼で、御飯の量も気持ち多めとなっています。

鶏肉はコチラのお店も比内地鶏を使用。
卵は2種類の卵を使うことで程よく甘みを抑え、鶏出汁と鶏から出る油のコクが相まって口いっぱいに旨味が広がります。

ランチタイムにお目当ての親子丼にありつけなかったとしても、夜営業ではハーフサイズも提供されているので、美味しい焼き鳥とお酒を楽しんだ最後の締めに是非ご賞味あれ!

泰然(TAIZEN)
住所 東京都新宿区新宿1-23-11 御苑メインビル 1F
最寄駅 新宿御苑前駅
営業時間 月・木・金=11:30〜14:00(売切れ仕舞い) 17:30~23:00
火・水・土・祝=17:30~23:00
料金目安 昼:¥1,000〜1,999- /夜:約¥8,000〜9,999-
定休日 日曜日
ポイント あああああ
備  考 現金のみ

文鳥【亀戸】

亀戸駅の北口を出て亀戸駅前公園(羽亀公園)のすぐ近くにある雑居ビルの2階に「文鳥」はあります。

「文鳥」の親子丼の最大の特徴は、いりこ、宗太鰹の削節など6種類の素材を使い、研究の末に辿り着いた自慢の出汁を使っている事!

使用している卵は、岡山県産から毎日届けられる新鮮な産みたて卵。鶏肉は表面にごま油を塗って備長炭で炙られた大山どりを使用した、正に名前の通り「究極の親子丼」。

そして悩ましいのは「究極の親子丼」の他に「九条ネギの京親子丼」もメニューに有る事。

「究極の親子丼」は関東風の濃い味付け、「九条ネギの京親子丼」の方は逆にあっさりした味付けになっており、どちらも同じ”親子丼”とは思えないほど違う味わいとなっています。

行く度に”究極”の選択を迫られる、なんとも困った(もちろん、良い意味で)お店です!

文鳥
住所 東京都江東区亀戸2-23-10 鳥居ビル 2F
最寄駅 亀戸駅
営業時間 月~金=11:30~14:00(L.O. 13:30)17:30〜22:00(L.O 23:00)
毎週土曜はランチお休み
料金目安 昼:約¥1,000〜1,999- /夜:約¥3,000〜3,999-
定休日 日・祝
ポイント あああああ
備  考 カード可・電子マネー不可

人形町 花【人形町】

鳥や鮮魚を使った料理が人気の創作料理店「人形町 花」は人形町駅から歩いて4分程の場所にあります。

コチラの親子丼は”鳥玉手箱”と言う名前で、玉手箱のように様々な部位の鶏肉が入っていて、食べる度に違った食感を味わう事ができ、更にご飯もお好みで白米と茶飯を選べる点も他のお店と違ったポイント。

使用している食材も厳選されたこだわりのものばかり。鶏肉には鹿児島直送の赤鶏さつま、卵は京都産、お米はひとめぼれを使用、海苔や三つ葉にも選び抜かれたものが使われています。

1日20食限定の”特選鶏玉手箱”はこのお店の名物メニューなので、もし行かれた際にまだ注文出来たらラッキー!迷わず注文することをお勧めします。

人形町 花
住所 東京都中央区日本橋人形町2-24-6
最寄駅 人形町駅
営業時間 月~金=11:00~14:00 17:00~22:00
料金目安 昼:約¥1,000〜1,999- /夜:約¥4,000〜4,999-
定休日 不定休
ポイント あああああ
備  考 カード可・電子マネー不可

日本橋ぼんぼり【水天宮前】

コチラのお店は水天宮前駅が最も近い駅。

このお店では、宮崎の鶏を炭火で香ばしく焼いた宮崎の地鶏と、とろとろ卵が別々に盛られ2食に別れた「炭火焼き親子丼」が有名。

卵と鶏肉が別々になっているので、お好みによって一緒に食べるも良し、それぞれを交互に味わうも良し。

炭火で焼かれた鶏肉は香ばしく少し苦味がある感じ、対して卵にはほのかな甘味があり、絶妙なコントラストで食べていて飽きさせません。

宮崎の地鶏炭火焼きが好きな人には、特に堪らない逸品となっています。

日本橋ぼんぼり
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-5-1 オイスター1-5ビル 1F
最寄駅 水天宮前駅・茅場町駅・人形町駅
営業時間 月~金=11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~23:00(L.O.22:00)
土=11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~22:30(L.O.21:30)
料金目安 昼:約¥1,000- /夜:約¥1,000〜1,999-
定休日 日・祝
ポイント あああああ
備  考 カード可・電子マネー不可

まとめ

同じ”親子丼”でも、お店によってそれぞれの特徴があり、見た目や食感も様々。

今回ご紹介したお店は、仕事で出向く事も多い場所にあると思いますので、お近くに行った際は是非立ち寄ってみて下さい。

きっとお好みの親子丼に出会えるはず!