2018年12月一覧

Cutting Master 2 for Craft ROBOプラグインの設定項目【レイヤリング】編

前回に続きCutting Master 2 for Craft ROBOのプラグインの設定についてです。今回は【レイヤリング】にある各設定を順番に見ていきます。これらは実際のカットに影響するので、素材を無駄にしない為にもしっかり押さえておきたい所ですね。

記事を読む

Cutting Master 2 for Craft ROBOプラグインの設定項目【一般】編

今回はCutting Master 2 for Craft ROBOのプラグインについてです。作業を一つずつ順番に進めながら各設定項目について役割などを見ていきましょう。説明に使用する素材のサイズはB4(257mmx364mm)設定となっております。

記事を読む

テンプレートに設定した各レイヤーの役割(シルエットカメオ)

先日ご紹介したIllustratorのテンプレートを元に、素材の再利用を前提にしたデータ作成法を考えていきます。サンプルテンプレートには3つのレイヤーが含まれてます。それぞれ役割を解説致しますので実際にテンプレートをご覧になりつつお読み頂ければと思います。

記事を読む

カットデータ作成用のIllustratorテンプレートを作ろう。(シルエットカメオ)

今回からいよいよカットするデータの作成です。Illustratorでのデータ作成について考えてみたいと思います。なるべく同じ手間を省く為、よく使うサイズのテンプレートを作っておけば便利です。あらかじめテンプレートに含めておきたい情報を整理しておきましょう。

記事を読む

ちょ〜簡単!本体にも一手間加えれば、台紙も楽ちんセット!(シルエットカメオ)

前回、自作台紙に素材を正確にセットする方法についてご説明致しましたが、今回はその自作台紙自体を本体側にセットする際のお話です。シルエットカメオ本体にも、ほんのちょっと簡単な一手間を加えてあげるだけで、より一層、簡単に台紙をセット出来るようになるんですよ!

記事を読む

より簡単に!より正確に!素材を自作の台紙にセットする工夫(シルエットカメオ)

今回のお話は、自作の台紙に素材を正確に、しかも簡単にセット出来る方法をご紹介致します。でもちょっとその前に、先日のカッティング台紙自作で触れた、マス目の再現に関する補足を少しだけさせて下さい。今回のお題とも関係がありますので、目を通して頂けますと幸いです。

記事を読む

自作カッティング台紙の制作と、その手順について(シルエットカメオ)

前回、シルエットカメオのカッティング台紙を自作するための材料をご紹介しましたので、いよいよ制作に取り掛かりましょう!材料が揃ってしまったら後は簡単!正規品と同じサイズに切るだけなのですが、折角自作するのですから、少しだけアレンジを加えてしてみましょう!

記事を読む

カッティング台紙を自作!まずは材料を揃えよう!(シルエットカメオ)

今回は消耗品のひとつ、台紙について。台紙は特に酷使されるので、たくさん傷が付いたり、汚れて粘着が弱くなってしまったり、と結構直ぐにヘタってきちゃうんですよね。正規品は少々お高いので、だったらいっそのこと自作しちゃいましょう〜!結構簡単に作れちゃいます。

記事を読む

Adobe Illustratorからカットデータを出力!(シルエットカメオ)

今回は出力用データの作成についてです。silhouette CAMEO 2には付属のソフトが付いているのですが、使い方覚えるのも面倒だし、折角ならIllustratorから直接出力したい!そう、出来るんです。しかも嬉しいことに無料で!ではいってみましょう。

記事を読む

カッティングマシンの魅力。メリットやデメリットなど

カッティングマシンにつきまして、まずは思うことを綴って参ります。少しでもカッティングマシンの魅力が伝えられれば幸いです。尚、当ブログ記事を参考される場合は、自己責任にてお願い致します。不具合や故障が発生しましても、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。

記事を読む