Cutting Master 2 for Craft ROBOプラグインの設定項目【一般】編

スポンサーリンク
カッティングマシン=データ作成編=
カッティングマシン=データ作成編=

今回はCutting Master 2 for Craft ROBOのプラグインについてです。作業を一つずつ順番に進めながら各設定項目について役割などを見ていきましょう。説明に使用する素材のサイズはB4(257mmx364mm)設定となっております。

私が自身で利用するために作成したB4サイズ用のテンプレートが下記リンクの下の方にありますのでご自由に利用して下さい。

カットデータ作成用のIllustratorテンプレートを作ろう。(シルエットカメオ)
今回からいよいよカットするデータの作成です。Illustratorでのデータ作成について考えてみたいと思います。なるべく同じ手間を省く為、よく使うサイズのテンプレートを作っておけば便利です。あらかじめテンプレートに含めておきたい情報を整理しておきましょう。

ダウンロードしたデータは、ご自身で編集する等、ご自由にお使い頂いても構いませんが、二次配布はご遠慮頂き、出来れば本ページよりダウンロードして頂ければと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【一般>メディアサイズ】素材サイズと同じ値を入力

作図用レイヤーにデータを配置

① 作図用レイヤーにデータを配置

まずは適当にサンプルの作画を作って、左上のあたりに配置してみました。(参考画像①)
私の場合、Illustrator画面上の左上から作画していくようにしています。
では早速

”ファイル”>”Cutting Master 2 for Craft ROBO”>”カット・プロット…”

の順に選択してプラグインの設定画面に移行してみます。

上手く表示されない状態。原因は…

② 上手く表示されない状態。原因は…

すると参考画像②のような状態になり、中途半端な場所で画像が折り返され、勝手に分割されて途中で切れてしまっています。これでは都合が悪いですよね。

上手く配置されなかった原因は何だったのでしょうか?

よく見てみるとメディアサイズが横幅180mm、縦幅が240mmになっています。

今回の素材はB4(257mmx364mm)ですので、コチラに正確な値を入力し直せば正しく表示されるはずです。

【一般>ジョブサイズ】ドキュメントサイズを反映させる

素材サイズを入力したことで、今度は正しく表示されました。

しかしまだ若干問題があります。本来作図したはずの場所から勝手に位置を変更されてしまいました。(参考画像③)

正しく表示されたが本来の位置ではない。

③ 正しく表示されたが本来の位置ではない。

ジョブサイズに素材素材サイズと作画位置を認識させる為のレイヤー

④ ジョブサイズ=ドキュメントサイズにする

これは、参考画像①を見てみると”ジョブサイズ(要出力)”と言うレイヤーが非表示になっていたのが原因です。

プラグインは自動的に最小限の作画範囲を認識し、ジョブサイズとして判断します。

この”ジョブサイズ(要出力)レイヤーは、ドキュメントサイズ全てをジョブサイズと判断させるために作成しておいたレイヤーです。

ジョブサイズが毎回変わってしまうことを防ぎ、更にIllustrator上の作画位置が正確に反映されるようになります。

作画位置が変わってしまうのを防げれば、次回素材の余った部分をカットに再利用する際に色々と都合が良いわけです。

”ジョブサイズ(要出力)レイヤー”は必ずONにする事をお薦め致します。 (参考画像④)

”メディアに合わせる””プロポーショナル”の各項目はチェックしなくても大丈夫です。

【一般>位置】配置、回転、反転の設定

配置、回転、反転ボタン

⑤ 配置、回転、反転ボタン

【位置】の設定項目で主要な項目は3つです。

左から配置回転反転を制御する為のボタンです。(参考画像⑤)

配置ボタンを押すと4種の設定が確認出来ます。
素材の配置時に何処を原点とするかを決めるためのボタンです。”ジョブサイズ(要出力)レイヤー”がONになっている場合、どれを選択しても変化は無いと思います。選択を変えることによりどのような影響があるのか試したい場合は、”ジョブサイズ(要出力)レイヤー”を非表示にして試して下さい。

回転ボタンも4種の設定があり、作画の配置を90°ずつ変えることが出来ます。

反転ボタンは作画が反転されます。カッティングシートをガラスの裏から貼りたいときなどにはコチラの機能を利用したりします。

”書類の原点を使用する”の項目も、”ジョブサイズ(要出力)レイヤー”がONになっていれば、無効化されてしまいますので設定不要です。

この記事で使用しているカッティングマシンは silhouette CAMEOです。

まとめ

今回はCutting Master 2 for Craft ROBOプラグインの設定項目、【一般】の部分についてのご説明でした。次回は【レイヤリング】の項目について触れていく予定です。

以上、今回はここまで。

貴方のクリエイティブライフに幸あれ!
っと言うことで最後までお読み頂きまして有難うございました!