専用マスキング自作で塗装に挑戦!刃出し量とオーバーカット処理について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カッティングマシン=実践編=
カッティングマシン=実践編=

前回、専用マスクシートを自作する為、Illustratorでトレース作業を行いました。今回はその続きとして、エッジをより正確に出力する為のオーバーカットの方法や、刃出し量やカット圧の適切な設定値についても、成功例と失敗例を交えながらご紹介したいと思います。

今回マスキングに使用している素材、”TAMIYAマスキングシール”用のテンプレートが下記リンクの下の方にありますので自由にご利用下さい。

カットデータ作成用のIllustratorテンプレートを作ろう。(シルエットカメオ)
今回からいよいよカットするデータの作成です。Illustratorでのデータ作成について考えてみたいと思います。なるべく同じ手間を省く為、よく使うサイズのテンプレートを作っておけば便利です。あらかじめテンプレートに含めておきたい情報を整理しておきましょう。

ダウンロードしたデータは、ご自身で編集する等、ご自由にお使い頂いても構いませんが、二次配布はご遠慮頂き、出来れば本ページよりダウンロードして頂ければと思います。

スポンサーリンク

出力結果は、刃出し量やカット圧、作画方法で変化する

オーバーカット処理

通常、カット出力を実行すると、本体のカッターの刃は、描画された線の上を一筆書きのように正確になぞっていきます。

その際に設定が適切に行われていないと、線が歪んだり、めくれてしまうことがあります。

カット圧が強かったり、刃出し量が多すぎて、本体のカッターが素材に食い込んでしまい、刃の軸がスムーズに方向転換出来ない事が主な原因のようです。

カット圧や刃出し量の適切な設定は、使用する素材によって大きく変わってきますが、オーバーカットの処理をしておくと、若干リスクを減らすことが出来、エッジ部分をよりシャープに切り出せるメリットがあります。

作業としては単純なんですが、数が多いと結構面倒臭いです。

でも出力結果が変わってきますので、出来るだけ可能な部分は処理しておく事をお薦めいたします。

オーバーカット処理を行う手順

先にオーバーカット処理する際の注意点です。

必ず直線の部分だけに適用して下さい。直線部分のみにオーバーカット処理するだけで充分効果を発揮しますので、曲線で構成されている線に関しては、特に手を加える必要はありません。

それでは実際の作業手順です。まずは赤い点線で囲った部分を処理していきましょう。

『はさみツール』を使って、点線内に記した2箇所のアンカーポイントをクリック、一本の水平線の状態になるよう切り離します。

手順01 はさみツールで線を切り離す

手順01 はさみツールで線を切り離す

切り離した線を『選択ツール』で選択した後、『自由変形ツール』に持ち替えます。

『自由変形ツール』に持ち替えると、線の各辺とコーナー部分に四角いハンドルが現れますので、コーナー部分のいずれかのアンカーポイントを、Macならoption+shift、Winの場合はAlt+Shiftを押しながらドラッグします。

すると比率を保ったまま延長線上に線を拡大することが出来ます。

手順02 自由変形ツールで比率維持しつつ拡大

手順02 自由変形ツールで比率維持しつつ拡大

要は少しだけ線がはみ出た状態になれば良いので、任意の大きさになったらマウスボタンをリリースします。私の場合は図形の大きさにも依りますが、だいたい103%〜110%程度の大きさ目安で適当に拡大させています。

この作業を直線部分すべてに実行すると、角の部分が全て交差状態になります。

これで刃が一旦素材から離れるようになり、素材の巻き込みが軽減されます。

あとは必要な数だけ複製や反転を繰り返し、レイアウトします。

オーバーカット処理していないものと結果を比べたいため、両方のデータを左右それぞれに配置し、最終的に下図のような状態にしました。

手順03 オーバーカット処理 左列=無し、右列=有り

手順03 オーバーカット処理 左列=無し、右列=有り

刃出し量やカット圧の設定を変えて出力

今回の作業では刃出し量とカット圧の違いによる変化も確認したいので、

まず1回目は

  • 刃出し量=4
  • カット圧=5
  • パス回数=1回

に設定して、出力してみました。その結果は下記になります。

1回目の出力結果

1回目の出力結果

1回目出力結果 拡大写真

1回目出力結果 拡大写真

残念ながら失敗してしまいました。

オーバーカット処理をしていない左側は、エッジが歪み、更に所々台紙から剥がれてしまいました。

原因としましては、やはり刃出し量が大きすぎて、マスキングシールの台紙まで貫通して切り抜かれてしまったのが一番の原因でしょう。

しかし、オーバーカット処理していた右側は、処理していない左側よりも切り抜き自体は上手くいっているように見えます。

気を取り直して設定を変更して再出力!

次に設定を変えて出力してみます。

2回目の設定は以下のように設定しました。

  • 刃出し量=2
  • カット圧=2
  • パス回数=1回

先程の半分程度の数値に設定しました。

そして出力した結果が以下になります。

設定を変更して再出力した結果

設定を変更して再出力した結果

写真だと判り難いですが、オーバーカット処理した方も、していない方も遜色無くキレイに出力出来ています!設定が上手いこと素材と一致したようです。

マスキングシールの台紙を貫通する事も無く、不要部分もスムーズに取り除くことが出来ました。

出力したシールを使用してマスキング。塗装してみよう。

上手く出力出来ましたので、早速マスキングに使用して塗装してみましょう!

不必要な部分を取り除き、塗装するパーツへ慎重に貼り付けます。

細かい部分などは爪楊枝などを利用してしっかりと押さえつけて密着させます。

出力したシールを塗装するパーツへ慎重に貼り付けます

出力したシールを塗装するパーツへ慎重に貼り付けます

今回はエアブラシを使用して塗装してみます。

薄く均等にエアブラシで吹いていき、1度で塗り終えようとせず、ムラが無くなるまで2〜3回に分けて、吹き重ねると良いでしょう。

十分塗料が乾いたのを確認したら、いよいよマスキングを剥がします。

ピンセットなどを使用して塗装面に傷をつけないよう、慎重に剥がしていきましょう。

塗装が終了したら塗料が十分乾くまで待ちましょう!

塗装が終了したら塗料が十分乾くまで待ちましょう!

マスキングを取り除いた結果が以下の写真になります。思った以上にきれいに仕上がりました!

マスキングが成功しキレイに塗装出来ました!

マスキングが成功しキレイに塗装出来ました!

まとめ

今回ご紹介したように、刃出し量やカット圧の設定によって出力結果が変化することが判りました。

使用する素材ごとに適切な値を模索するのは大変ですが、是非ご自身の環境でも色々な素材で最適な設定を探してみて下さい。

一度最適な値を見つけてしまえば、色々試してみたくなり、あなたのクリエイティブライフを更に楽しいものにしてくれると思いますよ。

今回ご紹介した数値は、あくまで私の環境での値になりますので、ご参考程度とお考え下さい。

今後も様々な素材に挑戦し、成功例や失敗例をご紹介できればと思います。

っと言うことで最後までお読み頂きまして有難うございました!

貴方のクリエイティブライフに幸あれ!

この記事で使用しているカッティングマシンは silhouette CAMEOです。