自作カッティング台紙の制作と、その手順について(シルエットカメオ)

カッティングマシン=準備編=
カッティングマシン=準備編=

前回、シルエットカメオのカッティング台紙を自作するための材料をご紹介しましたので、いよいよ制作に取り掛かりましょう!材料が揃ってしまったら後は簡単!正規品と同じサイズに切るだけなのですが、折角自作するのですから、少しだけアレンジを加えてしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少しのアレンジで、より多くの素材サイズに対応





素材のサイズについて少し。
私がよく使う素材であるプラバンは、模型制作ではド定番、TAMIYAさんのプラバン。サイズはB4ですから364mmx257mmです。
そしてA3サイズは420mmx297mmと定められています。

私自身、A3サイズの素材をセットすることは滅多に無いのですが、この記事を読んで下さっている方の中には、A3サイズも頻繁に使う方がおられるかも知れません。
B4もA3も、正規品台紙のままではちょっぴり長さが足りません…

もし長辺が450mmほどあったとしたらA3もプラバンも安定してセット出来ますよね。

前回、正規品を採寸した際の数値は、タテ約344mm、ヨコ約325mmでした。

っという事で正規品よりも少し長めのタテ450mmxヨコ325mmでカットすることにしましょう!

素材のカットは出来るだけ正確に、慎重に!

ではサイズも決まりましたので、塩ビ板をカットしていきます。

ここで一番肝心なのは、可能な限り正確に切り出すと言うこと

特に左肩の直角が正確である事は重要です。ここが正確で無いと、台紙をマシンにセットする際に、毎回カット開始地点が大きく変わってしまう可能性もあります。

そして横幅も、左右が出来るだけ水平になっていないと、カットする際に台紙が前後に移動する度、少しずつずれてしまう、何て事にもなりかねません。

私は出来るだけ正確に切り出す為に正規品をガイドとして利用しました。

正規品台紙は当然サイズが正確ですので、カットする塩ビ板の上に正規品を重ね、マスキングテープなどで動かないよう、しっかりと固定します。

後は広い作業スペースを確保し、十分な長さの定規を正規品に当てて慎重にカットします。

マス目の再現方法。

続いてマス目を再現していきます。

再び正規品をガイドとして利用します。
先程と同じく、カットした塩ビ板と正規品を正確に重ねて、テープ等でしっかり固定します。

マス目の線を一本ずつ丁寧にトレースするように、カッター等で軽く数回なぞって、塩ビ板側にキズを付けていきます。

ケガキ針等をお持ちの方はそちらを利用しましょう。
余り力を入れず、あくまで軽く。塩ビ板を貫通してしまわない様に気をつけて下さい。

必要な線を入れ終えたら、今度は油性ペンで、つけたキズの上をなぞります。
これでキズに油性ペンのインクが入り込みました。
後は薄め液を含ませたティッシュなどで、はみ出た油性インクをやさしく拭き取ってあげればバッチリです。

拭き取る際、キズに対して水平に拭き取ってしまうと、折角溝に入ったインクも取れてしまうので、キズに対して垂直に拭き取るようにしましょう。

後はスプレーのりを拭くだけ!めでたく完成です。

さぁ、あと一息。最後は簡単です。サーッと全体に軽めにスプレーのりを拭いていきます。

スプレーのりを使用する際は換気にくれぐれもご注意下さい。そして可燃性のガスが含まれていますから火気厳禁です!

あっ、マス目の溝を入れた側は裏側ですよ!溝を入れていない、ツルツルの面がオモテ側ですのでお間違いなく!

最後に、外側の線よりはみ出たスプレーのりをシンナーで拭き取ってあげれば作業終了です。

まとめ

以上で見事完成です!
お疲れ様でした。パチパチパチ。

正確に切る、というのは簡単そうで、実は非常に難しい作業なんですよね。
でもココさえクリア出来てしまえば、自作台紙の制作はほぼ成功したと言っても過言では無いので、興味を持たれた方がいらっしゃったら、是非試してみて下さい!

次回、もう少しだけ台紙について触れてみたいと思います。

以上、今回はここまで。

貴方のクリエイティブライフに幸あれ!
っと言うことで最後までお読み頂きまして有難うございました!

↓↓実際に自作台紙を使用する様子は以下の関連記事を御覧下さい。↓↓

素材を無駄なく使い切る。再利用を実践してみよう!(シルエットカメオ)
今回は、一度使った素材を実際に再利用する過程を、順を追ってご紹介します。先にご説明した自作台紙とテンプレートを利用すれば、比較的簡単に再利用する事が出来ると思います。サンプルとしてB4ケント紙を使用していますが、他の素材でも同様の結果を得られるはずです。
専用マスキング自作で塗装に挑戦!刃出し量とオーバーカット処理について
前回、専用マスクシートを自作する為、Illustratorでトレース作業を行いました。今回はその続きとして、エッジをより正確に出力する為のオーバーカットの方法や、刃出し量やカット圧の適切な設定値についても、成功例と失敗例を交えながらご紹介したいと思います。


↓↓カッティングマシン 記事一覧はこちらから!↓↓

カッティングマシン | ふわっとしてトロォ〜っとしたBlog
本ブログでは、本来の素材対象である紙やカッティングシート以外の素材についても積極的に活用法を模索したいと考えております。ご参考にされる場合は、あくまで自己責任にてお願い致します。本ブログの記事を元にして、不具合や故障の原因になりましても、一切の責任は負いかねますので、ご了承頂けた方のみご覧下さいませ。


この記事で使用しているカッティングマシンは silhouette CAMEOです。