カッティング台紙を自作!まずは材料を揃えよう!(シルエットカメオ)

カッティングマシン=準備編=
カッティングマシン=準備編=

今回は消耗品のひとつ、台紙について。台紙は特に酷使されるので、たくさん傷が付いたり、汚れて粘着が弱くなってしまったり、と結構直ぐにヘタってきちゃうんですよね。正規品は少々お高いので、だったらいっそのこと自作しちゃいましょう〜!結構簡単に作れちゃいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは材料を調達しよう。





早速、材料を準備していきましょう。
用意する主な物としましては、とりあえず4つです。

まずは塩ビ板を調達しましょう。
模型製作をされている方なら、ヒートプレスなどで馴染み深い素材ですよね。

私は東急ハンズで360mm×670mm、厚みは0.4mmのモノを購入しました。お値段は¥467+税でした。

正規品の台紙の厚みは0.2mmくらいでしたので、もう少し薄いほうが良かったのかな?

取り敢えず、今のところは問題なく使用出来てますが、カット圧の設定などに正規品との違いが出てるかも知れません。

もしお試しになる方は正規品と同じ0.2mmを基準にお選び頂いた方が無難かと思います。

次に用意するのは、粘着部分を再現するためのスプレーのり。

これは以前購入して所有していた物をそのまま使用しました。

メーカーは”3Mのスプレーのり55”ってやつです。要は低粘着で、素材を傷付けないようであれば他のメーカーでも問題ないと思います。

しかしさすが3M!Amazonでいざ値段を調べてみますと意外に高い!
スプレーのりは様々な用途にも使えますし、まぁ1本くらいご家庭に常備しておくと便利!っと言うことにしておきましょう…。

容量は2種類あるようですが、結構頻繁に利用することになりますので、容量の少ない50mlのミニ缶はお薦め出来ません。

それから糊を除去するためのシンナー。
スプレーのりを吹いて、余計なところにまで糊が付着しちゃうのは良くある事。

余分な糊はシンナーで拭き取ると簡単に除去出来ます。手に入れやすいのはプラモデルの塗装用薄め液です。量販店のホビーコーナーなどで簡単に入手出来ます。

3Mから専用のクリーナーも販売されてますが、薄め液の方が綺麗に落とせますし、塩ビ板を侵す事も無いようです。

そして最後は、これまた模型制作者には超お馴染みのマスキングテープ。
最近は女性などにも受けているようで、色んな柄が販売されているみたいです。
100円ショップにも売ってますので、お好みの物をご用意下さい。

材料は揃った!いよいよ制作開始!…の前に

以上の物が揃ったら、早速制作開始!っと行きたいところですが、ここは焦らずに、まずは正規品台紙のサイズを調べておきましょう。

付属していた正規品を定規で測ってみたところ、縦は約344mm、横幅がおよそ325mmほどで、ほぼ正方形に近い形でした。

という事はつまり、購入した塩ビ板をこのサイズ通りに切ればOK!?

…なのですが、ちょっと待って下さい!

折角自作するのですから、より多くの素材サイズに対応出来るよう、ちょっとした一手間を加える事に致しましょう。詳細は次回にて。

まとめ

ここまでご紹介しておいて何ですが、意外にスプレーのりが高くて、総額のコスパは余り良くない気がしてきました。
(´・ω・`; )
でも正規品の台紙は、安いところでも¥1,200〜1,300以上はするようですし、以後は塩ビ板を追加購入するだけなので、正規品を2枚、3枚と追加購入していく事を考えれば安く済むと思います。

以上、今回はここまで。次回制作編です。

制作の際には、良く切れるカッター、そしてカッターマット、もしくはダンボールなど床や机にカッターの傷が付かないよう下敷きをご用意しておいて下さい。

私が作業した際、塩ビ板のサイズが大きく、思っていたより広い作業スペースが必要でした。
更に長めの定規が必須となります。出来れば定規は金属製だと、よりベストです!

貴方のクリエイティブライフに幸あれ!
っと言うことで最後までお読み頂きまして有難うございました!

↓↓実際に自作台紙を使用する様子は以下の関連記事を御覧下さい。↓↓

素材を無駄なく使い切る。再利用を実践してみよう!(シルエットカメオ)
今回は、一度使った素材を実際に再利用する過程を、順を追ってご紹介します。先にご説明した自作台紙とテンプレートを利用すれば、比較的簡単に再利用する事が出来ると思います。サンプルとしてB4ケント紙を使用していますが、他の素材でも同様の結果を得られるはずです。
専用マスキング自作で塗装に挑戦!刃出し量とオーバーカット処理について
前回、専用マスクシートを自作する為、Illustratorでトレース作業を行いました。今回はその続きとして、エッジをより正確に出力する為のオーバーカットの方法や、刃出し量やカット圧の適切な設定値についても、成功例と失敗例を交えながらご紹介したいと思います。


↓↓カッティングマシン 記事一覧はこちらから!↓↓

カッティングマシン | ふわっとしてトロォ〜っとしたBlog
本ブログでは、本来の素材対象である紙やカッティングシート以外の素材についても積極的に活用法を模索したいと考えております。ご参考にされる場合は、あくまで自己責任にてお願い致します。本ブログの記事を元にして、不具合や故障の原因になりましても、一切の責任は負いかねますので、ご了承頂けた方のみご覧下さいませ。


この記事で使用しているカッティングマシンは silhouette CAMEOです。